イギリスサッカー留学

イギリスサッカー留学 ロンドン音楽留学 ベアーフット
サッカー留学 音楽留学 ベアーフット HOME サッカー留学 音楽留学 ベアーフット ABOUT US サッカー留学 音楽留学 ベアーフット CONTACT サッカー留学 音楽留学 ベアーフット 英語サイトへ
サッカー留学、音楽留学の資料請求はコチラ
Soccor Academy / サッカーアカデミー
コース概要 コース詳細 スタッフ 募集要項 FAQ ギャラリー
コース詳細
Soccer training

イギリスサッカー留学イメージ01Facilities

【クラブ施設】
天然芝スタジアム:4000人収容可。
人工芝グラウンド(フルサイズ1面):スタジアムに隣接しており、3面に分けて、トレーニング・グラウンドとして使用することも可。最新の人工芝を敷設。
更衣室、講義室及びレクリエーションルーム、バー、フィジオ・ルーム、駐車場

トレーニングは最新式人工芝グラウンドにて年齢別グループによって行われます。クラブセンターには試合のビデオを分析するための講義室や最新医療機器が備わったフィジオ・ルームなどがあります。

Players

PASE アカデミーではイギリス人30名及び日本人10名、計40名の選手を募集しています。全ての選手は選考会を経て選ばれます。 多くの選手はプロサッカーチームのユース・クラブ出身者です。

ファーストチーム(1軍)は18歳から35歳までの20名からなるチームで構成されています。多くの選手はプロサッカーチームでプレーをした経験があったり、クラブと金銭的契約*を結んだりしています。
リザーブチーム(2軍)はファーストチームのメンバーとPASE アカデミーの選手から構成されます。

*日本人プレーヤーもファーストチームでプレーすることは可能ですが、ホーム・オフィスの規則に抵触するため、クラブと金銭的契約を結ぶことは禁止されています。

Training

イギリスサッカー留学イメージ02<<PASE アカデミー>>
PASE アカデミーは毎週月曜日、火曜日、木曜日、金曜日の午後 1.30-3.30 に行われます。トレーニングには以下の内容が含まれます

個人技の向上、技能の習得、セットプレー、チーム戦術、ゴールキーパー・トレーニング、アネロビック運動とプライオメトリクス・トレーニング、ビデオ講座、試合における理論的側面の学習など。

<<ファーストチーム>>
ファーストチームのトレーニングは毎週火曜日と木曜日の午後7.30-9.00 に行われます。

実力が認められた選手は PASEアカデミーとファーストチーム両方のトレーニングに参加することができます。

Matches

PASE アカデミーはU19s(アンダー19)とU18s(アンダー18)の2チームに分けられます。U18s はプロのフットボール・クラブに所属する全ユースチームが出場するFAユース・カップ(FA Youth Cup)に出場します。

ファーストチームはFA カップ(FA Cup)に出場します。FAカップ は世界で最も歴史のあるサッカーの大会。マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、アーセナルを筆頭に、すべてのプロサッカーチームが頂点を目指し、激しい勝ち抜き戦を争います。

また、ボーラムウッドはアーセナルFCと毎年夏に親善試合を行っています。2005年の対戦ではアーセナルに2−6で敗れましたが、その時には、元フランス代表MFピレス(現ビジャレアル)、オランダ代表FWファンペルシー、スペイン代表FWレジェス(現レアル・マドリード)らにゴールを割られました。なお、ボーラムウッドチームには、PASEから2選手が抜擢されました。

そうです。みなさんにもアーセナルと戦うチャンスがあるのです。

Match Schedule

ファーストチーム

大会名 試合形式 試合日
Ryman League Premiere Division リーグ 土曜日, 火曜日
FA Cup カップ 土曜日
FA Trophy カップ 土曜日
Southern Football League Cup カップ  
Herts Senior Cup カップ  
Herts Charity Cup カップ  

リザーブチーム

大会名 試合形式 試合日
Spartan South Midlands Reserves リーグ 土曜日

PASE アカデミー

年齢 大会名 試合形式 試合日
U19s PASE Conference Youth League リーグ 水曜午後
  SESSA College League リーグ 水曜午後
U18s Southern Counties Floodlit Youth リーグ 水曜午後
  FA Youth Cup カップ 水曜午後

田村 和哉
2005-06年C&Mサッカーアカデミー在籍。2006年卒業

なぜ、サッカー留学にイングランドを選んだのかと、よく友達や後輩に聞かれます。理由は、サッカーを真剣に学べる環境にありました。

私は、サッカーにおいて、高校までは常にチームの中心でした。そのため、せっかく留学をするなら、レベルの高い環境でプレーしたいと考えていました。イングランドでは、セミプロという厳しい環境でプレーし、充実した日々を送ることができました。といっても、すべてが順風満帆というわけではありません。初めて試合に出られない経験をし、挫折感を味わい、日本に帰りたいと思うこともありました。また、言葉が不自由だったせいで、チームでは孤独を感じ、サッカーもうまくいかない時期もありました。ただ、初心を忘れず、自分からチームメイトに積極的に話しかけ、誰よりも熱心に練習を重ねました。そして、挫折を乗り越えることができた時、これから先、どんな困難にも耐えられるという自信がつきました。

私は、いつかは英語を習得したいと思っていました。子どもの頃からワールドカップを夢見ていて、海外で活躍する選手になるためには英語も必要だと思っていたからです。サッカーと英語、その両方の点で、イングランドは最高でした。もちろん、両親も賛成してくれました。実際にイングランドに行ってみて、日本とは異なる環境でプレーや生活をし、苦労や挫折を経験したこと。そして、何よりも自分で状況を打開する能力を身につけたことが、大きな経験になったと思っています。

私が、最終的にイングランドを留学先に選んだのは、ベアーフットとの出会いも大きかったと思います。イングランドのサッカー留学を専門に扱うベアーフットにサポートしてもらったので、あまり情報収集には時間をかけませんでした。それよりも、自分がイギリスで何を達成したいのか、また日本に帰ってから、この留学経験をどう活かしたいか、目的と将来のビジョンをしっかりと考えました。イングランドへ行ってから、自分の目標を見失わずに挑戦できたのは、最初にベアーフットからさまざまなアドバイスを受けたからだと思います。




English study

イギリスサッカー留学イメージ03日本人選手はクレスト英語学校にて、他の外国人の生徒と共に英語を学びます。渡英する時点でその英語力が十分であるとされる日本人選手は、現地の選手とともに地元のカレッジなどでスポーツ科学などを学ぶことも可能です。

コース終了時に、全ての日本人選手はケンブリッジ英語検定試験を受けます。これは世界に通用する資格試験です。

※ケンブリッジ英語検定
英国だけでなく、豪州、カナダなど多くの国の大学をはじめ、さまざまな教育機関や企業に認められている、国際レベルの英語検定試験

Crest Schools of English

クレスト英語学校は1983年に設立されたロンドンでも歴史ある英語学校です。ブリティッシュ・カウンシル認定であるのはもちろん、English UKにも加盟しています。エッジウェアー(Edgware)駅から徒歩1分、ボーラムウッドFCからはバスで20分程度です。

クレスト英語学校はロンドン中心部から15分ほどの町、エッジウェアーの由緒ある建物の中にあります。エッジウェアーは大都市の喧騒から離れたいという生徒たちにとって理想的なところです。学校の周辺にあるたくさんのレストラン、カフェ、パブや商店街、図書館、スポーツセンターといった施設は、生徒たちにとって友達の輪を広げたり、英語を実際に使ってみる場となるでしょう。

余談ですが、卒業生にはフランス代表MFパトリック・ビエラ(インテル、元アーセナル)がいます。


Free time
ロンドンにはプレミアリーグのチームが6つ存在します。8月中旬に開幕する、世界一レベルの高いサッカーを体感してください。また、ヨーロッパ大陸までは列車でもわずか1,2時間。夏休みや週末にはパリ、ミラノなどへの旅行も気軽にできます。アカデミーの仲間たちと、欧州カップ戦の観戦を計画してもよいでしょう。ロンドンに目を戻せば、大英博物館など世界でも有数の博物館・美術館や、ウインブルドン・テニスなどのスポーツイベント、音楽フェスティバルなども楽しむことができます。

Host family
イギリスサッカー留学イメージ04英語を学ぶ上で最も効果的な方法。それは英国人と一緒に生活することではないか? 母国以外での生活が長いベアーフットスタッフの結論です。そこで、面接と過去の実績からホストファミリーを厳選。本プログラムに参加する留学生が生活を共にする"家族"だからこそ、環境にこだわりました。また、食事などの世話はすべてホストファミリーが行ってくれますから、サッカーに集中する上でも最も効果的な滞在手段。言葉や文化を吸収し、英国の日常生活に順応した留学生が、日英交流の一端を担ってくれることも期待しています。

No problem !
初めての海外生活には慣れないことや不安があるでしょう。しかし、心配は無用です。本コースはベアーフットが立ち上げたもの。サッカー面では、コーチ陣と密に連係を取って選手をサポートします。日常生活面でも、ロンドン本社にいる日本語・英語を操るバイリンガル・スタッフがそばにいるので安心です。また、日英のスタッフは毎日、情報交換を行っています。サッカーについて、日々の生活、2年目以降の進路―。留学生は現地スタッフに、親御さんは日本のスタッフに、いつでも、何でも、遠慮なくご相談ください。





2005-2006 Yearly Schedule
コースは5月中旬から翌年5月中旬までの1年間を予定しています。始めの3ヶ月はイギリスではオフシーズンにあたるため、基本的には日本人のみでフィットネスを中心としたメニューをこなします。この間に、英語によるコーチングにも慣れておきます。8月上旬以降、シーズンに入るとともにイギリス人選手も参加します。

イギリスサッカー留学年間スケジュール

2005-2006 Weekly Schedule / On Season
選手は午前中、週に15時間英語を学びます。午後には週4日間のPASE トレーニングと、水曜日には試合が行われます。ファーストチームのトレーニングは火曜日と木曜日の夜間に行われます。土曜日にはファーストチーム、リザーブチームの試合があります。

イギリスサッカー留学週間スケジュール

※英語オフ期間 : 夏休み…7月下旬〜9月上旬、クリスマス休暇…12月中旬〜1月上旬
※アカデミーオフ期間 : クリスマス休暇…12月中旬〜下旬
※2月上旬からケンブリッジ英検向けの授業が週1回夜間に入ります。





サッカー留学 音楽留学 ベアーフット PAGE TOP サッカー留学 音楽留学 ベアーフット HOME サッカー留学 音楽留学 ベアーフット ABOUT US サッカー留学 音楽留学 ベアーフット CONTACT サッカー留学 音楽留学 ベアーフット 英語サイトへ
© United Global Partners LTD, All rights reserved.